西駒山荘と将棊頭山
【西駒山荘と将棊頭山】
西駒山荘の営業は7月第2土曜から10月の「体育の日」までの約3ヶ月間です。新田次郎の小説「聖職の碑」で知られる、遭難記念碑の近くにあり、遭難の教訓から設けられた山小屋です。天気の良い日には屋根の上で布団を干して登山者に快適で清潔なサービスを心がけています。山荘の上部稜線、右手に見える将棊頭山は中央アルプスの北端になり、標高2730mは日本で84番目の高さです。
西駒山荘ホームページトはこちら。        このウインドウを閉じる