せいの神(どんど焼き)

~県下有数のとっても大きなどんど焼き~

1月13日(日)12:00より

毎年の恒例行事として多くのお客様でもりあがる『せいの神』!

みはらしファームを飾った「2019本の〆の子」とメッセージ、そして羽広区内の各家庭に飾られた門松・しめ飾り等を焚いて、皆さんの願いを天に届けます。
地区によって「どんど焼き」「三九郎」などと呼ばれる「せいの神」は、お正月の松飾りなどを集めて焚いて、年神様(としがみさま)・歳神様(さいのかみさま)と共に皆様の願いを天に届ける伝統行事です。
「せいの神」とは、歳神様(さいのかみさま)が訛ったもの。みはらしファームでは、昔ながらの「せいの神」という古い呼び名で伝統行事を伝えています。

参加無料、お気軽にご参加ください。

お問合せはみはらしファーム公園事務所まで 0265-74-1807

せいの神で持参したお持ちを焼いて食べると1年間無病息災で過ごせるそうですよ♪