暑い夏のお出かけに❣ 伊那市民プール🌊

JR飯田線 伊那北駅から徒歩20分 当館より車で15分 伊那市の中心地にほど近い場所にあり、昔から市民に愛される夏の憩いの場となっております

流水プール、子どもプール、幼児用プール、スライダーとお子様でも安心して1日楽しめるプールがそろっており、大人も時間を忘れてはしゃげます!

 


お問合せ伊那市民プール直通電話 0265-78-7130(営業期間中のみ)

利用料金は大人 500円 小中学生 200円
回数券(11回) 大人5,000円 小中学生2,000円
供用日 7月13日(土曜日)~8月25日(日曜日)
休館日 7月16日(火曜日)~7月19日(金曜日)8月19日(月曜日)~8月23日(金曜日)まで
利用時間 午前9時から午後5時まで

~利用に係る注意事項~
足入れ型浮き輪使用禁止・水泳帽子必要なし・赤ちゃん用おむつ水着使用可・場内のサンダル履き可
注記1小学校3年生以下の方は保護者が同伴する必要があります。
注記2:雨天や落雷等、天候の変化により急に閉場することもありますので、判断に迷う場合は電話等でご確認ください。

 

入場無料♪アートに触れる かんてんぱぱホールの催し物紹介

(入場無料)かんてんぱぱホールの催し物

観光でお越しのお客様に人気のスポット「かんてんぱぱホール」

寒天を使ったお料理が提供されるレストランや

日本で一番の品揃えを誇るかんてんぱぱショップが人気ですが

毎月催しを行っているかんてんぱぱホールもお勧めです。

「もう少し時間があるな~」

という方は、のんびりとアートに触れて見るのも良いかもしれませんね。

8月のイベント

8月3日~13日     浦野栄一 切り絵展…ふるさとの笑顔2019…

8月7日~11日      千村俊二 遺作展

8月12日~18日    いろいろ 色々な色の世界 パート2展 楽しく愛情あふれる元気な絵と生命誕生

8月15日~19日    こころの絵 優しさとあたたかさの中に…あなた 桑名智絵(香寿)彩画展

8月19日~25日    増田実 パステル画展

8月22日~27日   信州、夏のポジャギ作品の展示とワークショップ

8月27日~9月2日    ゆびで描く「魔法のグラデーション」メルヘン画家 月乃星綬の世界展

8月28日~9月2日   水野英男・水野雅史・水野明子 尾林窯 -伝統と現代展-

8月29日~9月4日   青葉の会 2019年度 写真展

お問合せは ☎ 0265-78-5107

かんてんぱぱホール

かんてんぱぱまで当館より車で15分、

ゆっくりお出かけいただけます♪

伊那谷の自然を朝ごはんで頂く!「いなまち朝マルシェ」~7月~

今年2回目の「いなまち朝マルシェ」
月に1回(最終日曜日)の開催なので毎回当日が待ち遠しいです。
ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク

知らない方のために
どんなイベントかとご説明しますと。。。
▽ 地元の美味しい食材を使ったお料理が提供されて
▽ 採れたて・旬なお野菜が売られて
▽ 時には音楽が奏でられたり
▽ 別の時にはワークショップが行われたり
五感で「伊那谷」を楽しめる
そんなイベントです♪
※詳しくはこちらのFACEBOOKページをどうぞ

今月の開催は
□日時 7月28日㈰ 9:00~12:00
□会場 セントラルパーク
□テーマ 夏をのりきる

 

前日の6月29日に1泊夕食素泊りで当館をご利用になって
翌日8:30頃に早めのチェックアウト。

そこから「いなまち朝マルシェ」へ行って朝食♪
そんな過ごし方はいかがですか??

羽広荘名物 【鯉の旨煮】

淡水魚の王様と呼ばれ、青い海のない信州では昔から貴重なタンパク源として珍重されています
ここ伊那谷でも大切なお祝いの席には欠かせない魚で今も昔も生活に無くてはならない食材として人々に愛されています
また、鯉は良質で豊富な栄養価の高さを誇り、妊産婦が食べると母乳がよく出るというエピソードがあるほどです
田舎風に優しく仕上げた羽広荘名物【鯉の旨煮】ご夕食にご提供しております ごゆっくりご賞味下さい

お土産用に売店にて販売もしております。真空パックで冷凍になっており郵送も可能です。お土産用にもこれからの時期お中元にもおススメでございます

保冷剤付き箱もご用意しております。お電話でのご注文もお受けしておりますので、お気軽にご連絡下さいませ

■1切れ800円(税込み)

■箱代保冷剤付き(小)100円(大)150円

中央アルプス 最高峰へ!

今年もいよいよ登山シーズンの始まりです。まずは…中央アルプス最高峰、標高2,956mの木曽駒ヶ岳へ!

当館より車で30分駒ヶ根市にある駒ケ岳ロープウェイを使って千畳敷から木曽駒ヶ岳登頂。木曽駒ヶ岳からは馬ノ背ルートを使って西駒山荘まで行くルートが一般的

稜線では7月に桜が咲いているそうです。高山植物の女王コマクサもここでは色が濃く可憐に咲いております

この西駒山荘は将棊頭山(しょうぎがしらやま)の直下にあって、建て替え工事をしたばかりですので、びっくりするくらい快適です。
小屋番さんは杜氏として、お酒(信濃錦)を作っていて、小屋で堪能できます♪

西駒山荘

 

 

360度の大パノラマ!! 【入笠山(にゅうかさやま)】

東京・関東方面から伊那市にお越しの方々にお勧めなのが富士見町と伊那市に跨る標高1,955mの「入笠山」です。

見事な360度 ぐるっと大パノラマが広がる絶景スポット。

草原やのどかな放牧風景、すずらんやレンゲツツジなどの花々を見ながら登ることができ

初心者でもその絶景を体感できることで人気が高い場所です。

※富士見パノラマリゾート山麓から入笠山山頂への登山コースはありませんのでご注意を。

トレッキングコース

住所:長野県伊那市・長野県富士見町

電話:0265-78-4111(一般社団法人 伊那市観光協会)

0266-62-5666(富士見パノラマリゾート)

車で行けちゃう 萱野高原

「信州サンセットポイント100選」に選ばれた場所。

中央アルプスに沈む夕日が素敵です。

「高原」ではありますが、車で登っていけてしまうのもお手軽で嬉しいですね。

頂上には遊歩道が整備されていて中央アルプスを眺めながら歩くことができます。

展望台からは、140度の大パノラマが広がっていて絶景です。

http://www.town.minowa.lg.jp/sangyo/sangyo036.html

住所:上伊那郡箕輪町三日町

電話:0265-79-2822(信州かやの山荘/営業期間:4月下旬~10月下旬)

信州の名水でおいしい地酒をご紹介いたします

伊那市の清らかな名水で作った醸造所の美酒をご紹介いたします

伊那市の旨いとほろ酔いを是非味わって下さい

【信濃錦】 合資会社宮島酒店

〇住所 伊那市荒井3629-1

〇電話 0265-78-3008

〇mail sakeza@miyajima.net

〇HP http://www.miyajima.net/

無農薬・低農薬の地元産契約米で仕込みをする酒蔵さん。

自社でも無農薬栽培に取り組まれているところから、徹底した姿勢を感じることが出来ます。

お米の旨みももちろんのこと、伊那谷の大自然も大事にした商品造りをしている酒蔵さんです。

冬の間、杜氏さんとして働いているスタッフさんが

夏の3ヶ月間は、弊社が管理をしている山小屋の一つ「西駒山荘」の小屋番をしてくれています。

【井の頭】漆戸醸造株式会

〇住所 伊那市西町4875-1

〇電話 0265-78-2223

〇mail info@urushido.co.jp

〇HP http://urushido.co.jp/

お米も水も地元にこだわっている酒蔵さん。

中央アルプスが育んだ伏流水が、軟水特有の柔らかさをお酒にも与えてくれているそうです。

大正4年から地元住民に寄り添うお酒として愛されていて、

珍味や馬刺しを肴にして飲むのがオススメです。

HPスゴイかっこいいです。是非覗いてみて下さい。

【大國】大國酒造株式会社

〇住所 伊那市西春近2161-1

〇電話 0265-72-2040

〇mail info@ookuni.com

〇HP http://www.ookuni.com/

大國酒造さんの名前の由来は出雲大社の「大国主命(おおくにぬしのみこと)」。

特別ではない日本酒造りをコンセプトにされているということですが

だからこそ私たちの生活と歩幅があった楽しみ方が出来るのかもしれないですね。

こちらお酒も中央アルプスからの恵みの伏流水を汲み上げて醸しているとのこと。

飲みやすい印象のお酒です。

【黒松仙醸】株式会社仙醸

〇住所 伊那市高遠町上山田2432

〇電話 0265-94-2250

〇mail kuromatu@senjyo.co.jp

〇HP  https://www.senjyo.co.jp/

慶応2年創業 150年の長きに渡り地場の良いものを使って心にしみるお酒造りをされている酒蔵さん。

日本第一の桜として有名な「高遠」の風土や水質、原料も生かしてお酒を産み出しています。

黒松仙醸も地元の方々からすると、生活に当然のようにあるお酒の一つです。

当館売店にていずれの商品も販売中です

180mlの呑み比べが出来る【楽國信州】シリーズがおススメです

お好きな3本を1,000円にて販売しておりますので是非手に取って吟味してください

お酒が十分に楽しめる↓こちらの宿泊プランでお得においしく♪

『1泊2食◆仕事の後は「ご当地もの」で労って…晩酌セット【郷土料理+酒】ビジネスに!』