【高遠さくらホテル 駅伝Blog】 韋駄天

 

 今年の箱根駅伝の金栗四三杯(箱根駅伝の最優秀選手賞MVP)は、8区で2位からトップに躍り出る快走で22年ぶりの区間新記録更新をした東海大学の小松陽平選手でした。

     

 

金栗四三(かなくりしそう)は「日本マラソンの父」と言われ、1920年の1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)大会開催にも尽力したことから、箱根駅伝のMVPに贈られる賞にその名が刻まれています。また、大阪道頓堀のグリコサインのモデルとも言われます。

 

今日からスタートする大河ドラマ「いだてん」の主人公 金栗四三を中村勘九郎さんが演じます。「韋駄天」という言葉は釈迦が死んだ時、仏舎利を盗んだ鬼を追って取り戻した足の速い守護神で仏教からきている言葉で、足の速い人をたとえる言葉です。 

今年の箱根駅伝を制した東海大学の両角監督が、佐久長聖高校監督時代に現代の韋駄天・大迫 傑選手(マラソン日本記録保持者)を育てました。

両角監督、スピードスケートの小平奈緒さんは伊那市高遠から杖突峠を越えたお隣り 茅野市のご出身なんです。杖突峠には峠の茶屋があり、茅野市から諏訪湖が一望できます。

当ホテルに泊まって、杖突峠からの眺望もお楽しみください。

杖突 峠の茶屋こちら →   信州杖突峠の茶屋.facebook

杖突 峠の茶屋 展望台こちら →  杖突峠・展望台 パノラマ眺望

 

お勧めのプランはこちら↓

【和会席】♪美味しい料理を独り占め♪美食・少食プラン 【温泉】 【信州朝ごはん】

◎「湯っ多利プラン」期間限定の大変お得なプランに成ります(2019年3月31日まで)

1泊2食付き平日9,980円(諸税込)にて!(休前日は11,980円)電話予約限定にてお受けしています。

高遠さくらホテル 📞 0265-94-2200 まで

◎ネットでの販売が無い場合、ご宿泊の空室状況は、直接お電話にてお問い合わせ下さい。